矯正歯科とは、悪い噛み合わせや歯並びをキレイに整えたり、きちんと噛み合うように歯やアゴの骨を正しい位置へと動かしていく治療法です。

主に、矯正装置を用いて噛み合わせや歯並びを改善していきます。

矯正治療には次のようなメリットがあります。


歯並びを治すことで、噛み合わせや咀嚼機能が向上し、健康面にメリットがあります。
キレイな歯並びはブラッシングがしやすく、予防面においても重要な役割を果たします。
これまで自分の歯並びにコンプレックスを感じていた方も、自分の口元に自信を持ち、精神面で向上します。

当院スタッフは皆、「美しい歯並びで毎日の生活に自信を持って過ごしてほしい」と願いをこめて日々の診療に励んでおります。

患者様のお口の中の状態や生活環境に合わせた歯列矯正プランをご提案します。

当院で取り扱う矯正装置 | Orthodontic

メタルブラケット

特徴
メタルブラケットはもっとも一般的な矯正装置です。ブラケットやワイヤーを使うため、外見上は目立つデメリットがあるものの、薄くて頑丈であり、治療期間も短い傾向があります。

料金もお求めやすいところがメリットといえます。

治療期間
★★★★★
見た目
★★


セラミックブラケット

特徴
セラミックブラケットはメタルブラケットと形状が同じですが、ブラケット部分は色・質感ともに自然歯に近いセラミック素材で作られています。

そのため、メタルブラケットよりも見た目がよくなりますが、ワイヤーを使用することに変わりはないため、まったく気づかれないわけではありません。

治療期間
★★★★
見た目
★★★


裏側矯正

特徴
裏側矯正では、歯の裏側にブラケットを装着することで周囲に気づかれずに矯正治療を進めることができます。

ただし、装着時に技術力が求められるため、費用は通常の矯正装置と比べて割高です。また、治療期間はメタルブラケットよりも2~3倍長くなる場合があります。

そのほか、歯の裏側に装置をつけることで、話すことに慣れるまで半年~1年ほどかかることがあります。

治療期間

見た目
★★★★★


マウスピース矯正

特徴
マウスピース矯正は固定式の矯正治療ではなく、取り外し可能なマウスピースを使って矯正治療を行います。

マウスピースは透明なので、周囲に気付かれにくく、食事のときは取り外すことができます。

ただし、お口の状態によっては適用できない場合があります。

治療期間
★★
見た目
★★★★


MTM(部分矯正)

特徴
従来からのワイヤー(はりがね)を使った治療です。部分的に歯を動かすので、治療中または治療後に歯を被せたり、詰め物をしたりする場合もあります。

マウスピース矯正に比べ見た目は目立ちますが、料金は抑えられます。

治療期間
★★★★★
見た目
★★

矯正治療 ~1期治療と2期治療~ | Orthodontic

1期治療

乳歯列期から混合歯列期までの矯正です。(約3~10才ぐらい)

顎のずれと、歯列の不正が大きいお子さんは使用できれば早い年齢からが良いです。(小学校1年生ごろからが最適です。大体2年程度)

1期治療の目的は鼻呼吸をうながし、口周囲の筋肉の調和と、舌の位置や悪習癖を改善し顎のずれや大まかな歯の並びを改善し2期治療の仕上がりをよくするものです。

成長は女子16歳、男子18歳ぐらいまで続きます。

その間は管理が必要です。(体が大きくなるのに伴い、顎の関係、歯列も変化します。)

※Ⅰ期治療ですべて治るわけでありません。

上下前歯4本と6歳臼歯を正常に近づける矯正です。診断の結果、歯並びはあまり触れず、体の成長が止まるまで顎の関係だけコントロールする場合があります。

Ⅰ期治療でご満足頂けない場合、ワイヤー矯正やマウスピース矯正の本格矯正に移行します。



2期治療

【第二期治療の場合】 永久歯が生えそろったあと(顎の成長が終わったあと)に行う治療です。

中学生以上が目安です。歯にブラケットとワイヤーをつける歯列矯正などがあります。

第二期治療は、基本的に成人の矯正治療と同じで、治療期間は2年半~3年半程度です。

マウスピースの目立たないものや金属でないブラケットを使うものもあります。